道の駅をグルグルしてる「いるみん」のニッキだお


by irumina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ゆらん2周目 20日目


温泉経由で神戸出張から帰宅後
早めに(午後10時)に
(--)zzz.。ooOO○

で、午前3時に
\(´O`)/ ファ~

そのまま、出発~













福井県の温泉に
今回あまり行っていない事に気づき
深夜の舞若道を疾走する

とりあえず、午前6時までに目的地に着けばいいのだが・・・

沈み行く満月を正面に見ながらたどり着いたのが

しきぶ温泉 湯楽里

f0086397_2055598.jpg


朝6時~8時の間は朝風呂タイムということで
入浴料がお安くなっているのである。

フロントで受付をすませ、靴を脱いで建物の奥へ

エレベーターに乗り込むとケーブルカーのように斜めに登っていく
斜行エレベーターだった

エレベーターを降りると温泉施設。しかし人の姿もなくひっそりとしている

お風呂はナトリウム−炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性温泉)
しかし、塩素臭がきつい・・・
残念ながら露天風呂は無いが、温度の違う湯船が4つ、気泡の湯船が1つ
薬草の湯船が一つ、そして寝湯(気泡付き)が1つである

まずは2番目に温度の高い湯船に浸かった後、寝湯へ
下からブクブクと気泡がでてて、寝そうになっちゃいました
で、気泡湯に少し浸かった後
一番温度の低い湯船にじっくり浸かる


温泉を出た後、車は越前海岸に向かい、たどり着いたのが

越前南部温泉 国民宿舎 かれい崎 日本海

f0086397_21293030.jpg


ここは国民宿舎のお風呂が立ち寄り湯として解放されている施設
でもって6時半から営業してるのである

さて、お風呂は海辺にあるだけあってナトリウム炭酸水素塩温泉 (弱アルカリ性低張性温泉)
内湯1、露天風呂1の温泉である

で服を脱いで、眼鏡を外して浴室に入ると
なにやらいっぱい湯船に浮かんでいる

近づいてみると林檎だった

f0086397_21354317.jpg


こなた、またスク水のままで・・・

しかし、ここも塩素臭が・・・

ま、しばらく浸かっていると臭いも馴れてくるので
内湯に浸かりながら林檎をもてあそぶ
ちなみにお風呂は貸切状態^^

林檎を取ってはポ~ンと投げてみたり
お湯のなかでくるくる~と回してみたり
しているうちに・・・・
囓りたくなったのはナイショ^^;


今度は車を山の方に進める
温泉の近くにくると両側に雪の壁が・・・
f0086397_21413330.jpg


そしてたどり着いたのが

渓流温泉 冠荘

f0086397_2142489.jpg


フロントでお金を払いながらおじさんと会話
なんでも数日前まではいまの3倍はあったそうな・・・

お風呂の入り口に飲泉できる場所があったので
ひとくち ⊂(¬^*) ゴクゴク
う~ん、まずい>_<
お湯はナトリウム・炭酸水素塩泉

内湯に浸かった後、露天風呂へ
湯船の脇には雪の山があった・・・

さらに源泉風呂があったのでそれに浸かる
低い温度だったのでじっくりと浸かることができた

山の中から福井市内に入り、お昼ご飯を食べた後

大安寺温泉 すかっとランド 九頭竜

f0086397_2148283.jpg


ここの温泉はナトリウム、カルシウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
しかし福井県はナトリウム泉多いね

駐車場はほぼ満車状態
かろうじて空いていたスペースに車を駐めて
建物をみると、本日イベント中とのこと・・・
これだと、湯船一杯かな~、どうしようかな~
と思いながらも、入浴料が300円になっていたので入ることに

そして、思いっきり後悔した・・・

湯船はそんなに混んでいなかったけど
マナーの悪いのがたっぷりいた>_<
なので、身体を温めるだけですぐに温泉を後にした
温泉滞在時間最短記録を更新しちゃいました・・・

再度、越前海岸に車を進めて

鷹巣温泉 国民宿舎 鷹巣荘

f0086397_21534916.jpg


この温泉も国民宿舎のお風呂が立ち寄り湯として解放していあります
そのためか、脱衣所には鍵のかかるロッカーが無いため
貴重品は浴室入り口にあるコインロッカーに

f0086397_21574311.jpg


駅などにあるコインロッカーなのだが
無料にするために、一度入れた100円硬貨は下から取り出すというシステムになっている
しかし、これって気づかなければ絶対に取り忘れるよね・・・
っていうか、トレイを引き出したら200円入ってたしw

さて、ここはアルカリ単純泉の源泉掛け流し
湯船が露天風呂を含めて3つあり、それぞれの温度が違っているのが特徴
で、内湯のぬるい方の湯船にじっくり浸かった後
露天風呂に出る
う~ん、風が強い・・・

なので肩までお湯に浸かって、十分身体を温める


その後は越前海岸沿いをドライブしてたどり着いたのが

河野シーサード温泉 ゆうばえ

f0086397_2204142.jpg


本日、〆のお湯
ここも、ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(弱アルカリ性高張性低温泉)
しかも、ものすごく塩辛い(って飲んだのかっ!)
また、お湯がすごく熱くて、じっくり浸かっていられない
湯船は普通の深さのものと浅いお風呂
浅いお風呂の片隅には、お飾り程度に気泡付きの寝湯が一つだけある

しかし、熱めのお湯とナトリウム泉
最強のコンビやね・・・

しばらく身体がポカポカしてたよ^w^

これで、47湯達成
by irumina | 2011-02-23 22:04 | ゆらんニッキ